軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第五十七巻(令和3〈2021〉年度)

通巻225号 第57巻 第1号
(2021年6月)

特集 捕虜と戦争

《巻頭言》「脱走したポーランド人捕虜を憶う」〔稲葉千晴〕
《特別寄稿》捕虜が働くこと〔大津留厚〕
「ドンスコイ」の捕虜収容過程〔宮脇昇〕
(研究ノート)第二次世界大戦初期、隣国に逃れたポーランド将兵とリトアニア政府の対応〔稲葉千晴〕
《史料紹介》Wilhelm Doegen, Kriegsgefangene Völker: Der Kriegsgefangenen Haltung und Schicksal in Deutschland〔鍋谷郁太郎〕
◆追悼 喜多義人副会長◆
 喜多義人副会長を偲ぶ〔庄司潤一郎〕
 喜多義人先生追悼〔河合利修〕
 航空特攻指揮官の統率とけじめ〔横山久幸〕
 関寛斎による上野戦争「官軍」側戦傷者の治療〔淺川道夫〕
 長州藩の慶応期軍制改革に関する一考察〔竹本知行〕
《戦跡探訪》マレー作戦の戦跡探訪(後編)〔和泉洋一郎〕
《書評》北川敬三『軍事組織の知的イノベーション』〔齋藤大介〕
文献紹介

通巻226号 第57巻 第2号
(2021年9月)

特集 人材育成と士官教育

《巻頭言》「将校養成の社会的基盤」〔筒井清忠〕
草創期陸軍士官学校の学科教育〔唐澤靖彦〕
日本海軍の「仏語系造艦人材」の語学素養に関する考察〔飯田史也〕
後発国日本における陸軍将校の心性〔武石典史〕
《研究ノート》陸軍士官学校の学校文化〔大江洋代〕
《研究ノート》明治十一年、「筑波」の豪州航海〔大井昌靖〕
米国の核戦略と沖縄〔河村洋〕
友鶴事件と海軍軍縮条約脱退への道〔木村聡〕
《史料紹介》竹下勇海軍大将講話記録〔小磯隆広〕
《書評》山縣大樹『帝国陸海軍の戦後史』〔波多野澄雄〕
《書評》高田馨里編著『航空の二〇世紀』〔村上強一〕
《書評》長南政義『児玉源太郎』〔齋藤達志〕
文献紹介/例会報告

通巻227号 第57巻 第3号
(2021年12月)

特集 軍事とスポーツ

《巻頭言》「軍隊とスポーツ―繋がる歴史―」〔高嶋航〕
(特別寄稿)軍事とスポーツ〔木下秀明〕
満洲における軍隊とスポーツ〔高嶋航〕
二十世紀初頭の東アジア西洋人コミュニティにおけるスポーツと海軍〔大井知範〕
幕末~明治期における日本陸軍の銃剣術教育〔淺川道夫〕
ガダルカナル戦の起点と終点〔秦郁彦〕
明治前期の海岸防御に関する統合機構の模索〔岩村研太郎〕
近世における弓の位置付けと軍役規定〔久保田正志〕
《書評》板倉孝信『ポスト=軍事国家としての近代英国』〔小野圭司〕
《書評》L. Freedman, Ukraine and the Art of Strategy〔小川健一〕
《書評》ジェームズ・ホームズ著、平山茂敏訳『海洋戦略入門』〔高橋哲一郎〕
文献紹介/大会報告

通巻228号 第57巻 第4号
(2022年3月)

特集 戦争博物館と戦争記憶のあり方

《巻頭言》「戦争博物館の最前線」〔剣持久木〕
(講演録)戦争博物館から戦時の社会の博物館へ、国際比較によるアプローチ〔アネット・ベッケル(訳:臺丸謙、解題:剣持久木、コメント:原田敬一・兼清順子)〕
(インタビュー)テロリズム犠牲者の博物館を構想する〔アンリ・ルソー(聞き手:臺丸謙)〕
公立戦争博物館における教育・観光の分業と兼業〔清水亮〕
ドイツ軍事雑誌における日露戦争の受容〔中島浩貴〕
第一次世界大戦における日本の南洋群島領有の経済的動機〔米田光一〕
「防務条例」の成立と改正〔岩村研太郎〕
《書評》麻田雅文『蒋介石の書簡外交 上下』〔戸部良一〕
《書評》浜井和史『戦没者遺骨収集と戦後日本』〔原田敬一〕
《書評》五十嵐隆幸『大陸反攻と台湾』〔池田直隆〕
文献紹介/例会報告

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00~17:00 [土・日・祝日除く]

機関誌『軍事史学』

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.