軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第四十八巻(平成24〈2012〉年度)

通巻189号 第48巻 第1号
(2012年6月)

特集 災害と軍隊

巻頭言「赤十字の原点」近衞忠煇
東日本大震災と自衛隊君塚栄治

日露戦争期に発生した芸予地震と呉海軍病院における救護活動千田武志
関東大震災における軍事動員と非罹災地の動向 ―新潟県の事例を中心に―吉田律人
(研究ノート)関東大震災における米国の支援活動の役割と影響齋藤達志
(研究ノート)昭和期の軍隊による災害・戦災救援活動―衛戍令、戦時警備及び防空法の関係から―大井昌靖
(研究ノート)愛知県における警防団―愛知県公報にみる昭和戦時期の国民保護組織―小島郁夫
(史料紹介)大正十二年内田康哉日記高橋勝浩
(史料紹介)赤十字国際委員会と岩倉使節団との邂逅黒沢文貴
災害派遣と陸上自衛隊―創隊以来六一年間の人的派遣実績―和泉洋一郎
(体験者の証言①)阪神・淡路大震災と危機管理関 芳雄
(体験者の証言②)災害出動に見た陸自の面目赤間幸夫
(体験者の証言③)有珠山災害派遣―温泉街住民救出作戦―小松次一
(体験者の証言④)雲仙普賢岳災害派遣土持秀喜

(研究ノート)日露戦役の戦利品が生んだ洋琴伝説―水戸市大場小学校に伝わる戦利ピアノを中心に―寺村安道
(書評)佐藤守男『情報戦争と参謀本部―日露戦争と辛亥革命―』花田智之
(軍事史関係史料館探訪65)トルコ記念館喜多義人
(軍事史関係史料館探訪66)イスタンブール軍事博物館池田直隆

通巻190号 第48巻 第2号
(2012年9月)

特集 軍縮・軍備管理

巻頭言「核兵器のない世界を志向する外交政策」宮川眞喜雄
通常兵器の移転に関する国際規制の歴史と現状―冷戦終結後の進展とその限界―榎本珠良
一九一九年の対中国武器禁輸協定と兵器同盟策の挫折―競争力の低下と協定順守のジレンマ―横山久幸
八八艦隊計画と大正期の財政政策―ワシントン会議前の建艦競争の持続可能性―小野圭司
(研究ノート)軍縮期の兵器生産とワシントン会議に対する海軍の主張―『有終』誌上の論説を例として―千田武志
史料紹介
建艦状況に関する海軍大学校での稲川技術大佐の講義メモ(昭和十七~十八年)稲川健太郎

明治後期における内務省の政策論理と兵事行政伊勢弘志
(研究余滴)珊瑚海海戦における日本側の索敵について―五月七日を中心に―横谷英暁
(戦跡探訪)トラック島(前編)和泉洋一郎
(戦史史話)高橋八郎氏戦時回想録 中―南機関員から新生ビルマ国軍顧問へ―高橋八郎/太田弘毅
(書評)横井勝彦・小野塚知二編著『軍拡と武器移転の世界史―兵器はなぜ容易に広まったのか―』横山久幸
(書評)荒川憲一『戦時経済体制の構想と展開―日本陸海軍の経済史的分析―』影山好一郎
(軍事史関係史料館探訪67)ウィーン軍事史博物館池田直隆

通巻191号 第48巻 第3号
(2012年12月)

特集 軍事をめぐる国際交流

巻頭言「軍事史から見る伊豆」佐藤三武朗
(特別寄稿)日英戦後和解 一九九四-一九九八年沼田貞昭
一七世紀における日独軍事交流史の始まり―ハンス・ヴォルフガング・ブラウンの業績を中心に―A・H・バウマン
(研究ノート)シベリア出兵における軍事関係―米国シベリア派遣軍司令官を中心に―加藤博章
(史料紹介)中山寛六郎関係文書「巡欧日誌」村中朋之

ソ連軍(ロシア側)史料等からみた張鼓峯事件笠原孝太
キッチナー改革の意義―第一次世界大戦における英領インドの軍事的貢献をめぐって―和田応樹
(研究ノート)第二次山東出兵と支那駐屯軍櫻井良樹
(戦跡探訪)トラック島(後編)和泉洋一郎
(戦史史話)高橋八郎氏戦時回想録 下―南機関員から新生ビルマ国軍顧問へ―高橋八郎/太田弘毅
(書評)大野直樹『冷戦下CIAのインテリジェンス』池田直隆
(書評)馮青『中国海軍と近代日中関係』相澤淳
(軍事史関係史料館探訪68)江川文庫淺川道夫

通巻192号 第48巻 第4号
(2013年3月)

特集 近代軍事遺産と史跡

巻頭言「軍事遺産と史跡」千田 稔
特集にあたって山近 久美子
特集「近代軍事遺産と史跡」座談会葛原和三、濵田秀、淺川道夫、齊藤真一、吉田修、白石博司、原剛
幕末の海防遺跡について―上総国竹ヶ岡台場を中心に―淺川道夫/山本哲也
(研究ノート)東京湾要塞小原台堡塁の建設の経緯とその構造の検証 ―発掘調査を契機として―濵田 秀
(史料紹介)在郷軍人会都城支部機関誌『高千穂』竹村茂紀
(史料紹介)南部九州における西南戦争の戦跡調査と文書史料籾木郁朗
(戦跡探訪)消えた十五糎加農掩体の謎葛原和三
(戦跡探訪)大湊警備府管区の軍事遺産飛内 進

明治期日本海軍の課題と高等教育 ―海軍大学校の創設・改革と海軍の知的態度―北川敬三
(研究ノート)一九三五年華北危機の深化と蔣汪分離への道平賀 匡
(書評)上杉和央編『軍港都市史研究Ⅱ 景観編』山近久美子
(書評)阪口修平編著『歴史と軍隊―軍事史の新しい地平―』原 信芳
(軍事史関係史料館探訪69)ブルガリア国立軍事史博物館・ブルガリア海軍博物館稲葉千晴

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.