軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第三十九巻(平成15〈2003〉年度)

通巻153号 第39巻 第1号
(2003年6月1日)

(巻頭言)「戦史史料としての戦争画」白石 博司
一九四一年二月の極東危機とイギリス情報部小谷 賢
元治元年の白旗--長州藩による日本初の近代的白旗使用を中心にして--高橋 文雄
江戸湾内海の防衛と品川台場淺川 道夫
(研究ノート)太平洋戦争と物資動員計画荒川 憲一
(書評)家近良樹『孝明天皇と「一会桑」--幕末・維新の新視点--』亀掛川 博正
(書評)カール=ハインツ・フリーザー著/大木毅、安藤公一訳『電撃戦という幻 上・下』守屋 純
(書評)野村實『日本海軍の歴史』樋口 秀実
(書評)樋口秀実『日本海軍から見た日中関係史研究』平間 洋一
軍事史関係史料館探訪(35)国立公文書館アジア歴史資料センター牟田 昌平

通巻154号 第39巻 第2号
(2003年9月1日)

<特集・日本国土防衛史>

(巻頭言)「軍事関係遺跡を保存しよう」原 剛
東京湾第三海堡の建設経緯について原 剛
藩政末期の加賀藩による農兵徴募--越中領内での実態調査--明神 博幸
(研究ノート)戊辰戦争と横須賀製鉄所亀掛川 博正
(研究ノート)計画された軍事都市--「軍都相模原」の街路計画を中心に--浜田 弘明
(書評) 松村正義『新版 国際交流史 近現代日本の広報文化外交と民間交流』吉村 道男
(書評) 日暮吉延『東京裁判の国際関係--国際政治における権力と規範--』戸部 良一
(書評) 相澤淳『海軍の選択--再考真珠湾への道--』影山 好一郎
(史料紹介)浦賀奉行所の「郷兵」に関する史料山本 詔一、淺川 道夫
軍事史関係史料館探訪(36)幸州山城・大捷紀年館太田 秀春

通巻155号 第39巻 第3号
(2003年12月1日)

(巻頭言)「軍事を教えてくれた私の恩師」保阪 正康
第二次台湾海峡危機(一九五八年)における暗黙の国共合作廉 徳瑰
イラン危機をめぐるイギリス外交(一九四五~一九四六年)--対ソ政策の変遷と限界--岡田 志津枝
(研究ノート)昭和四十年代の北方領土問題--その内政・外交・軍事との連関--池田 直隆
(研究ノート)鍋島家所蔵「伊王島・四郎島・神之島矢利絵図」について糸山 東一
       --伊王島・四郎島・神之島台場洋式砲による長崎港口防禦--
(書評)野口武彦『幕府歩兵隊--幕末を駆けぬけた兵士集団--』亀掛川 博正
(書評)D・B・クンツ『バターと大砲--米国の冷戦期経済外交--』深瀬 正富
(戦跡探訪)ディエン・ビエン・フーの戦跡源田 孝
軍事史関係史料館探訪(37)靖國偕行文庫大東 信祐

通巻156号 第39巻 第4号
(2004年3月1日)

<特集・自衛隊創設五〇周年>

(巻頭言)「自衛隊創設五〇周年によせて」平間 洋一
アジア・モデルとしての「吉田ドクトリン」波多野 澄雄、佐藤 晋
日米英三国間パースペクティブによる海上警備隊創設過程の分析 一九五〇~五一柴山 太
(戦史史話)創設期の自衛隊と在日米軍事顧問機関狩野 信行
(戦史史話)“私観淺史”--自衛隊史余話--渡壁 正
(史料紹介)所謂服部グループの回想井本 熊男
(書評)ロバート・D・エルドリッヂ『沖縄問題の起源--戦後日米関係における沖縄 一九四五~一九五一--』池田 直隆
(書評)佐道明広『戦後日本の防衛と政治』植村 秀樹
軍事史関係史料館探訪(38)外務省外交史料館(戦後外交記録を中心に)白石 仁章

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.