軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第三十六巻(平成12〈2000〉年度)

通巻141号 第36巻 第1号
(2000年6月)

<特集・朝鮮戦争>

(巻頭言)「『中ソ陰謀』説の復権」小此木 政夫
朝鮮戦争への道--革命路線の対立と統合--鐸木 昌之
朝鮮戦争とスターリン--ソ連公開文書の検討--河原地 英武
米国の朝鮮戦争休戦に関する基本方針の形成--中国参戦と国連軍総退却の中で--阪田 恭代
中国の朝鮮戦争停戦交渉に関する一試論--外国軍隊撤退問題と軍事分界線問題--安田 淳
日本での槍戦術の推移と特徴--欧州の例との比較から--久保田 正志
(書評)W・ストゥーク著・豊島哲訳『朝鮮戦争--民族の受難と国際政治--』細谷 雄一
(書評)Steven Huge Lee, Outposts of Empire: Korea, Vietnam and the Origins
of the Cold War in Asia, 1949-1954
狩野 直樹
朝鮮戦争関係文献目録赤木 完爾
軍事史関連史料館探訪(26)北朝鮮・祖国解放戦争勝利記念館磯崎 敦仁
<私家版情報コーナー(38)>

通巻142号 第36巻 第2号
(2000年9月)

<特集・安全保障と戦後構想>

(巻頭言)「『平和の条件』--戦後世界像の交錯」波多野 澄雄
終戦史上の「戦後」--高木惣吉の終戦工作と戦後構想--樋口 秀実
重臣としての平沼騏一郎--終戦と国体護持へ向けて--高橋 勝浩
米国の日韓安全保障認識--国務・国防総省日韓問題合同研究部会を中心に--池田 直隆
米国の対日軍事援助と防衛力整備--ヘリ空母計画を事例として--植村 秀樹
(史料紹介)「重ネテ当面ノ対策ニ付テ」(昭和19年9月1日、尾形記)庄司 潤一郎
(研究ノート)ドイツ留学時代の井口省吾飯森 明子
(書評)グレゴリー・カザ著・岡田良之助訳『大衆動員社会』磯崎 敦仁
(書評)松本健一『日本の近代1 開国・維新 1853-1871』亀掛川 博正
軍事史関連史料館探訪(27)重光葵元外相関連史料館庄司 潤一郎
<私家版情報コーナー(38)>

通巻143・144合併号
第36巻 第3・4号
(2001年3月)

<特集・二〇世紀の戦争>

(巻頭言)「特集号に寄せて」伊藤 隆
日露戦争の影響--戦争の矮小化と中国人蔑視感--原 剛
「大東亜戦争」の戦後--一遺族の迷走--波多野 澄雄
朝鮮戦争の衝撃赤木 完爾
ベトナム戦争の遺産とその変容松岡 完
二〇世紀の戦争と東南アジア自治への探求E・B・レイノルズ(永本 義弘訳)
米国のシベリア撤兵と日本(1919年-1920年)--日米のパーセプション・ギャップの一事例--高原 秀介
軍戦備の戦い--潜水艦の場合--荒川 憲一
ポーランド軍捕虜問題と英・ソの戦争政策松川 克彦
「抗米救国戦争」におけるベトナム労働党の戦略と資源動員--B2戦域の動向を中心として、1964-75年--野口 博史
現代戦における「勝利」の意味B・ボンド(石津 朋之訳)
(研究ノート)「中国新軍閥混戦」と日本陸軍佃 隆一郎
(研究ノート)南方作戦への機動部隊投入の経緯横谷 英暁
(研究ノート)ヒトラーの対ソ戦争目的--軍事戦略、経済、人種イデオロギー--安藤 公一
(研究ノート)ベトミンとともに戦った日本人立川 京一
(戦史史話)関東軍林飛行隊と中国空軍--中国空軍建設に協力した日本人の記録--新治 毅
(書評論文)戦争を考える--リデル・ハートと「欧米流の戦争方法」--石津 朋之
Danchev, A., Alchemist of War: The Life of Basil Liddell Hart; Holden,
Reid B., Studies in British Military Thought: Debates with Fuller &
Liddell Hart; Gat, A., Fascist and Liberal Visions of War: Liddell Hart,
Douhet, and Other Modernists
(書評)黒野耐『帝国国防方針の研究--陸海軍国防思想の展開と特徴--』戸部 良一
国立歴史民俗博物館・監修『人間にとって戦いとは』(全3巻)佐藤 和夫
Paul H. Kratoska, The Japanese Occupation of Malaya: A social and Economic
History, 1941-1945
明石 陽至
Lennart Samuelson, Plans for Stalin’s War Machine: Tukhachevskii and Military-Economic
Planning, 1925-1941
角田 俊晃
軍事史関連史料館探訪(28)北欧の軍事史料館稲葉 千晴

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.