第四十五巻(平成21〈2009〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第四十五巻(平成21〈2009〉年度)

通巻177号 第45巻 第1号
(2009年6月)

<特集 日本陸軍とアジア>

《巻頭言》逆説“所見なし” 野村 乙二朗
明治時代の対チベット接近策 篠原 昌人
満洲事変におけるハルビン進攻過程 種稲 秀司
(研究ノート)明治六年「征韓論」における軍事構想 諸星 秀俊
(史料紹介)福島安正参謀本部第二部長訓示「列国ノ現状ニ付テ」 柴田 紳一
(戦史史話)軍人のシルクロード 長嶺 秀雄

「文明の日本」と「野蛮の中国」 三輪 公忠
(書評)山本七平『洪思翊中将の処刑』(上)(下) 武内 淳
(軍事史関係史料館探訪51)種子島開発総合センター・種子島博物館(鉄砲館) 太田 弘毅

通巻178号 第45巻 第2号
(2009年9月)

<特集 日本海軍をめぐる諸問題>

《巻頭言》海軍の警備任務 市来 俊男
軍縮期における海軍志願兵の志願状況 駄場 裕司
ロンドン会議後の財部彪海相後継問題 太田 久元
海上護衛参謀大井篤の戦後「海軍再建」構想 畑野 勇
(研究ノート)海軍よりみた小磯国昭内閣 手嶋 泰伸
(研究余滴)船舶等の保護のための軍艦外務令及び関連規則 児島 健介
(史料紹介)市村忠逸郎「思出の記」 守屋 純

ベトナム戦争初期における山岳民族部隊 松岡 完
(研究ノート)日清・日露戦間期の軍縮問題 高橋 衛
(書評)中村悌次『生涯海軍士官』 千々和 泰明
(戦跡探訪)台湾に残る鳳山海軍無線電信所跡 原 剛
(軍事史関係史料館探訪52)鎮西身延山本仏寺 寺宝館 太田 弘毅

通巻179号 第45巻 第3号
(2009年12月)

<特集 日中戦争の時代>

《巻頭言》二つの『日中戦争』 戸部 良一
米国と「満洲国」 井口 治夫
日中戦争におけるアメリカの対ドイツ・ソ連認識 高光 佳絵
日中戦争時期の中華民国陸軍大学 細井 和彦
新四軍の「後勤工作」について 三好 章
国立故宮博物院からの金属製文物の対日「献納」 広中 一成
(史料紹介)『抗日戦争期中国国情史料匯編』 江 沛
(毛利 亜樹訳)

(研究ノート)残留兵の比較史・序説 林 英一
(研究余滴)現在と過去の七月二十日事件 原 信芳
(書評)三輪芳朗『計画的戦争準備・軍需動員・経済統制』 荒川 憲一
(軍事史関係史料館探訪53)中国第二歴史档案館 広中 一成

通巻180号 第45巻 第4号
(2010年3月)

<特集 日中戦争をめぐる歴史認識>

巻頭言「日中戦争のプリズム」 マーク・ピーティー
(等松春夫訳)
分断された記憶と和解 ダニエル・スナイダー
マーク・ピーティー
(青木義幸訳)
中国歴史教科書の特徴と問題点 マーク・ピーティー
(青木義幸訳)
時代とともに変化してきた抗日戦争像 一九四九~二〇〇五 王 雪萍
台湾における「大東亜戦争」の記憶 一九四三年~五三年 藍 適齊
(安部由紀子訳)
(研究ノート)蒋介石の日中戦争期和平交渉への認識と対応 馮 青

ノモンハン航空戦再考 源田 孝
(研究ノート)仙台二中移転問題に見る軍用地払下げの展開過程 手嶋 泰伸
(研究余滴)ノモンハン事件の軍事考古学的考察 辻田 文雄
(書評)笠原十九司『「百人斬り競争」と南京事件』 原 剛
日中戦争研究文献目録Ⅱ(二〇〇八~二〇一〇年) 長谷川 怜
広中 一成
(軍事史関係史料館探訪54)福島県立図書館佐藤文庫 長谷川 怜

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.