第十二巻(昭和51〈1976〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第十二巻(昭和51〈1976〉年度)

通巻45号 第12巻 第1号
(1976年6月)

神皇正統記と大日本史 平田 俊春
徳川斉昭の国防策について 谷萩 操
「将門記」と合戦叙述 梶原 正昭
平将門と史実 赤城 宗徳
水戸と田中光顕伯 田崎 龍太
(研究ノート)筑波山挙兵の目的に関する考察 関山 豊正
(研究ノート)常陸佐竹氏と関ヶ原 福田 昭
カリフォルニア州排日法をめぐる日米危機 島岡 宏
陸軍航空隊特攻作戦の研究(一) 生田 惇
(書評)防衛庁戦史室著『大本営海軍部・聯合艦隊(1)』 浅野 祐吾
(書評)安井久善著『後南朝史話』 生田 惇
米陸軍の戦史についての考え方 高井 三郎

通巻46号 第12巻 第2号
(1976年9月)

統制派と皇道派ということ 伊藤 隆
わが国初期徴兵令に対するフランスの影響 梅渓 昇
満州国建国前後の鉄道問題 波多野 澄雄
米沢藩と平松武兵衛 田中 正弘
孫子戦略論 河野 収
戦史教育についての一考察 桑田 悦
陸軍航空隊特攻作戦の研究(二) 生田 惇
(書評)中村直勝著『荒説日本史』 安井 久善
(報告)国際軍事史学会テヘラン会議参加報告 近藤 新治

巻47号 第12巻 第3号
(1976年12月)

旅順口攻撃とハワイ作戦 外山 三郎
空軍独立問題と海軍 角田 求士
第一次大戦における山東半島および独領南太平洋諸島の占領 長岡 新治郎
十九世紀ドイツ徴兵制の一考察 遠藤 芳信
竹橋暴動に関する一考察 霞 信彦
陸軍航空隊特攻作戦の研究(三) 生田 惇
関東大震災における軍隊の行動 斎藤 五郎
(研究余録)軍縮問題に関する浜口首相日誌 野村 実
(研究余録)後三年役と兵糧攻め 庄司 浩
米軍および友好国軍における戦史教育等の概要–米軍戦史研究会資料– 高井三郎訳
(書評)松下芳男著『日本国防の悲劇』 森松 俊夫
(書評)荻野三七彦著『吉良氏の研究』 佐藤 和夫
(学界動向)昭和四十八・九年度軍事史研究の動向と主要文献目録–東洋史部門– 田中 宏巳

通巻48号 第12巻 第4号
(1977年3月)

戦国期における鉄砲戦の展開 所 荘吉
豊臣政権下における毛利氏の水軍編成 宇田川 武久
秩父事件における軍隊の行動について 高田 甲子太郎
海軍の軍令について 後藤 新八郎
二つの対独降伏文書について 木内 巌
(研究ノート)ソ連から見た日本の「北方領土」 成瀬 恭
戦史教育への反省と意見 狩野 信行
(検索資料)雑誌偕行社記事」所在一覧 木下 秀明

 

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.