第二十一巻(昭和60〈1985〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第二十一巻(昭和60〈1985〉年度)

通巻81号 第21巻 第1号
(1985年6月)

もう一つの戦史–国際法問題 足立 純夫
「北伐」武断政策と日本外交–幣原と田中を繋ぐもの– 判沢 純太
太平洋戦争における小笠原方面海空作戦–海上輸送をめぐる日米の攻防を中心に– 蜂須賀 智昭
第一次中東戦争におけるイスラエル空軍(下) 斉藤 剛
『失敗の本質–日本軍の組織論的研究–』覚書 野村 実
朝鮮戦争と国連軍 三木 秀雄
中東戦争史入門講座–第十七講 イスラエル機甲部隊の起源(その一)– 杉之尾 孝生

通巻82号 第21巻 第2号
(1985年9月)

関特演–陸軍省からみた参謀本部– 加登川 幸太郎
奇兵隊と湘軍–十九世紀における新しい軍隊の役割– 村井 友秀
武器輸出の系譜–泰平組合の誕生まで– 茶川 哲士
(書評)神谷不二著『世界の戦争?・二十世紀の戦争』 栂 博
朝鮮戦争において英国軍が果たした役割 三木 秀雄
中東戦争史入門講座–第十七講 イスラエル機甲部隊の起源(その二)– 杉之尾 孝生

通巻83号 第21巻 第3号
(1985年12月)

イギリス史に見る戦略運営の発想–エリザベス一世の対外戦略の精神構造– 中西 輝政
田中外交と陸軍 黒沢 文貴
満州共産主義運動研究の現段階 鐸木 昌之
スペイン内戦と列強(上) 岩波 徹
(書評)J・ジョル著『第一次大戦の起源』 滝田 毅
(書評)G・クレープス著『日本の対ドイツ政策–一九三五~四一』 義井 博
(書評)野村実著『海戦史に学ぶ』 菊田 慎典
朝鮮戦争における国連軍の衛生支援 三木 秀雄
中東戦争史入門講座–第十八講 ハイム・ヘルツォーグ戦史書– 杉之尾 孝生

通巻84号 第21巻 第4号
(1986年3月)

南方における日本軍政の衝撃 太田 弘毅
辛亥革命と日本海軍の対応(上) 波多野 勝
武器輸出の系譜–第一次世界大戦の勃発まで– 茶川 哲士
スペイン内戦と列強(下) 岩波 徹
近代陸軍の創設者マウリッツ公の軍政改革について 今村 伸哉
(書評)D・R・パールマー著『召集ラッパの響き–ベトナム戦争の真相–』 野坂 裕
(書評)G・C・ヘリング著 秋谷昌平訳『アメリカの最も長い戦争』 小笠原 高雪

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.