第十四巻(昭和53〈1978〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第十四巻(昭和53〈1978〉年度)

通巻53号 第14巻 第1号
(1978年6月)

征韓論争と樺太問題 大山 梓
明治四年鎮台の創設(下) 高橋 茂夫
(研究ノート)第二次大戦における関門海峡の防衛について 後藤 新八郎
建国期におけるアメリカ社会と軍隊 中村 好男
トーマス・ペインの平和思想 伊藤 皓文
(研究余録)日独間の協定と両国の対ユダヤ対策 G・グレープス
(研究ノート)軍事史から見た軍楽の成立過程 友安 一夫

通巻54・55号合併号
第14巻 第2・3号
(1978年12月)

<国際軍事史学会年報 日本版>

平田 俊春
日本の「軍事史学会」の概況 安井 久善
日本の軍事史研究の動向–一般研究者(日本史関係)古代・中世・近世 佐藤 和夫
日本の軍事史研究の動向–一般研究者(日本史関係)幕末維新期 安岡 昭男
日本の軍事史研究の動向–一般研究者(日本史関係)明治・大正・昭和期 上原 憲一
日本の軍事史研究の動向–一般研究者–東洋史関係 酒井忠夫・太田弘毅・田中宏巳
日本の軍事史研究の動向–一般研究者–西洋史関係 大久間慶四郎・守屋純
日本の軍事史研究の動向–一般研究者–国際関係史関係 義井 博
日本の軍事史研究の動向–軍関係の機関および研究者–公的研究機関 森松 俊夫
日本の軍事史研究の動向–軍関係の機関および研究者–研究者 高田 甲子太郎
日本の軍事史研究の動向–軍関係の機関および研究者–方法論の研究 浅野 祐吾
ヨーロッパの軍事思想と「孫子」 河野 収
中国史上における朝鮮の軍事的意義 田中 宏巳
一八九四年から一九四五年までの日本の海軍戦略の変遷について 外山 三郎
独ソ開戦が日米交渉におよぼした影響 義井 博
第二次世界大戦における日本の戦争計画 野村 実
朝鮮戦争にみられる「誤算の相乗効果」 佐々木 春隆
国際軍事史学会オタワ大会参加報告 河野 収

通巻56号 第14巻 第4号
(1979年3月)

陸軍パンフレット問題 生田 惇
井上成美「新軍備計画論」の歴史的意義 工藤 美知尋
総力戦研究所の業績 太田 弘毅
フランツ・ハルダーと西独史学 守屋 純
ソ連・外蒙古相互援助議定書締結の要因 B・J・E・ブリッジス
地政学的にみた新中国 成瀬 恭
(書評)外務省編『日本外交文書・満州事変』・林久治郎遺稿『満州事変と奉天総領事』 清水 秀子
(書評)鈴木正節著『幕末・維新の内戦』 亀掛川 博正

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.