第二十六巻(平成2〈1990〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第二十六巻(平成2〈1990〉年度)

 

通巻101号 第26巻 第1号
(1990年6月)

(巻頭言)俘虜と国際法規 梅渓 昇
昭和期陸軍の軍事思想–我が国独特の用兵思想の形成経緯– 前原 透
日本陸軍における軍医制度の成立 西岡 香織
ドイツ再軍備をめぐる米仏関係 佐古 丞
(研究ノート)「南京事件」の数量的研究 板倉 由明
(研究ノート)陸軍航空軍備の縦深性に関する考察 太田 嘉弘
(戦史史話)私の終戦–戦いおえて三千里– 生田 惇
(史料紹介)外務省十人会「対ソ外交対策」 守屋 純
(書評)伊藤憲一著『大国と戦略』 根無 喜一
(書評)山口宗之著『ペリー来航前後』 熊谷 光久
<私家版情報コーナー(7)>

通巻102号 第26巻 第2号
(1990年9月)

<特集・第二次世界大戦と日本–開戦への軌跡–>
(巻頭言)敢えて一言 鎌田 純一
第二次大戦五十周年と軍事史研究 波多野 澄雄
東アジアにおける中国問題–リットン報告書と東京裁判– 庄司 潤一郎
陸軍の日独同盟論 戸部 良一
日独伊三国同盟締結とドイツ第三帝国指導部の内情 義井 博
開戦をめぐるいくつかの問題–「総理一任」考– 近藤 新治
日本の開戦経緯–「総理一任」考– 野村 実
軍事史学会シンポジウムに出席して 富士 信夫
(研究余滴)二人の戦時外務大臣–小村寿太郎と東郷茂徳– 松村 正義
(書評)細谷千博・安藤仁介・大沼保昭編『国際シンポジウム 東京裁判を問う』 桑田 悦
<私家版情報コーナー(8)>
第二十四回軍事史学会大会報告

通巻103号 第26巻 第3号
(1990年12月)

<特集・朝鮮戦争>

(巻頭言)朝鮮、ヴェトナム、湾岸 神谷 不二
中国義勇軍参戦の作戦構想の変遷 朱 建栄
朝鮮戦争前史–韓国に防衛計画はあった– 三木 秀雄
米国における朝鮮戦争研究の現状–米国の政策を中心に– 阪田 恭代
最近の中国における朝鮮戦争研究 安田 淳
(史料紹介)北朝鮮史料から見た朝鮮戦争–米国押収文書と韓国の史料を中心に– 鐸木 昌之
(海外動向)ソ連の朝鮮戦争に関する新見解 赤木 完爾
(書評)B・I・カウフマン著『朝鮮戦争–危機、信頼性、指揮に関する挑戦』 斎藤 祐介
(書評)J・ハリディ/B・カミングス著/清水知久訳『朝鮮戦争–内戦と干渉』 村井 友秀
(書評)G・ロックハート著『人民総武装–ベトナム人民軍隊の諸起源』 小高 泰
<私家版情報コーナー(9)>
国際軍事史学会マドリード大会参加印象記 義井 博
「孫子の兵法」国際シンポジウムに参加して 平間 洋一

通巻104号 第26巻 第4号
(1991年3月)

<特集・日本中世史>
(巻頭言)学会創立当初の思い出 荻野 三七彦
淡路沼島水軍史考 佐藤 和夫
倭寇が密輸出した刀と扇 太田 弘毅
元亀・天正年間の大友・毛利氏の戦い 福川 一徳
熱田大宮司家の一側面–軍事行動を中心として– 藤本 元啓
(研究ノート)長篠の戦い–その虚と実– 田中 恒夫
(史料紹介)『有馬文庫目録』について–中国・朝鮮兵書類を中心に– 太田 弘毅
(書評)宇田川武久著『鉄砲伝来』 所 荘吉
(書評)吉田蒼生雄全訳『武功夜話–前野家文書』 佐藤 和夫
<私家版情報コーナー(10)>

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.