軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第四十七巻(平成23〈2011〉年度)

通巻185号 第47巻 第1号
(2011年6月)

特集 転換期東アジアと日本海軍

《巻頭言》歴史研究のための、レファレンス専門施設の必要性戸高一成
海難事故としての「千島艦事件」に関する考察山本政雄
日本海軍と「潜水艦事件」―作戦立案から東京裁判まで―宇田川幸大
海上自衛隊の発足と米海軍・旧日本海軍軍人―艦艇建造再開の過程とその背景―畑野勇
(研究ノート)シンガポール海軍基地と日英関係―ワシントン条約第十九条成立をめぐって―山本文史
(研究ノート)日本海軍としての昭和二年南京事件五十嵐憲
(研究余滴)聯合艦隊(海軍総隊)司令部集合写真氏名表横谷英暁

日露戦争初期における陸海軍の協同作戦―戦略目標に対する努力の統一―平野龍二
(研究ノート)ビルマ独立・対印工作とインパール作戦野村佳正
(書評)柴山太『日本再軍備への道』池田直隆
(軍事史関係史料館探訪60)元寇史料館太田弘毅

通巻186号 第47巻 第2号
(2011年9月)

特集 技術開発体制と兵器運用

《巻頭言》帝国陸海軍の技術の先見性と展開の壮大さ槇原伸一
戦間期日本陸軍の技術将校制度鈴木淳
建軍期の日本陸軍にみる兵器統一への試み淺川道夫
(研究ノート)日本陸軍における初期の伝書鳩導入柳澤潤
(研究ノート)江戸時代前期の大砲と砲手・砲術家久保田正志
(史料紹介)平安神宮所蔵の明治初期軍用銃について淺川道夫・前原康貴

冷戦とアイゼンハワー政権の対外原子力政策李炫雄
(書評)望月澄男『弥生土器、海軍砲、新技術で近代史を彩った有坂<ショウ>蔵』横山久幸
(書評)淺川道夫『江戸湾海防史』竹本知行
(書評)ゲルト・ユーバーシェア、ヴァンフリート・フォーゲル著、守屋純訳『総統からの贈り物』原信芳
(軍事史関係史料館探訪61)陸上自衛隊武器学校・予科練平和記念館横山久幸
(軍事史関係史料館探訪62)総統大本営「狼の砦」(ヴォルフスシャンツェ)池田直隆

通巻187号 第47巻 第3号
(2011年12月)

特集 慰霊と顕彰をめぐる諸問題

《巻頭言》「慰霊」と「顕彰」という両義性大原康男
(特別寄稿)日本に眠るポーランド人たちエヴァ・パワシュ=ルトコフスカ
慰霊と顕彰の都市空間本康宏史
戦没者・兵役従事者の慰霊追悼と陸軍墓地横山篤夫
慰霊の「公共空間」としての靖國神社藤田大誠
東部ニューギニア地域における遺骨収集と慰霊巡拝の展開中山郁
(研究ノート)第六潜水艇遭難者記念碑の建設経緯に関する一考察山本政雄
(研究余滴)慰霊施設としてのホーエンザルツブルク小島郁夫
(研究余滴)荻洲立兵陸軍中将とノモンハン戦没者への慰霊水谷英志
(戦跡探訪)幕末期の霊明舎と長州毛利家中村武生
(書評)田中宏巳『マッカーサーと戦った日本軍』葛原和三
(書評)秦郁彦『病気の日本近代史』河合利修
(軍事史関係史料館探訪63)マッカーサー記念館池田直隆

通巻188号 第47巻 第4号
(2012年3月)

特集 諸外国の軍事史

《巻頭言》「外国の軍事史研究の意義と課題」吉本隆昭
ドイツ啓蒙主義の〈軍隊〉 ―フリードリヒ二世とカントの軍隊観から―馬原潤二
アメリカ陸軍参謀部の創設と「戦争の進化」への対応草野貴彦
(研究ノート)ナチス・ドイツ軍事費の信用リスク移転 ―事前金融とクレジット・デフォルト・スワップ―原信芳
(研究ノート)マダガスカルにおける日露戦争中のバルチック艦隊調査稲葉千晴
(研究余滴)フランス革命研究と軍隊・戦争 ―『フランス革命史年報』(一九二四〜二〇一〇年)を中心に―竹村厚士
(研究余滴)“バルバロッサ”作戦に関する神話守屋純

(史料紹介)珊瑚海海戦での空母「翔鶴」の損傷状況調査に関する稲川造船中佐メモ稲川健太郎
(戦史史話)高橋八郎氏戦時回想録 上
―南機関員から新生ビルマ国軍顧問へ―
高橋八郎/太田弘毅
(書評)ラルフ・プレーヴェ著、阪口修平監訳、丸畠宏太・鈴木直志訳『一九世紀ドイツの軍隊・国家・社会』原信芳
(書評)A・R・ミレット、P・マスロウスキー著、防衛大学校戦争史研究会訳『アメリカ社会と戦争の歴史―連邦防衛のために―』池田直隆
(軍事史関係史料館探訪64)アメリカ国立航空宇宙博物館源田孝

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.