第十一巻(昭和50〈1975〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第十一巻(昭和50〈1975〉年度)

通巻41号 第11巻 第1号
(1975年6月)

<特集>元冦特集

大元帝国の成立と日本–モンゴル日本襲来の視点確立のために– 中村 栄孝
元冦の「てっほう」について 所 荘吉
汎海小録の弘安の役記事について 川越 泰博
文永・弘安の役における元軍の水と糧食問題 太田 弘毅
「竹崎季長絵詞」研究回想記 荻野 三七彦
元冦関係の史跡 三池 賢一
北九州の古代築城 萱沼 千尋
第二次大戦史研究(十一) 九州の防衛 多比良 長好
(書評)佐藤徳太郎著『軍隊・兵役制度』 藤牧 新平
軍人勅諭と命令服従 佐藤 徳太郎

通巻42号 第11巻 第2号
(1975年9月)

第二次大戦突入時の日本の戦争計画 野村 実
支那事変勃発時における陸海軍航空兵力 筒井 充
石原莞爾の父 吉武 敏一
九州の軍事地政学的考察 河野 収
軍忠状と軍忠概念 佐藤 和夫
蒙古来襲主要文献目録 近藤 真男
日本義勇兵制小史 松下 芳男
高木俊朗著『陸軍特別攻撃隊』批判 三岡 健次郎
(学界動向)昭和四十六~四十九年度軍事史研究の動向と主要文献目録–西洋史関係– 奥村 大作
(書評)タクシロー・ハットリ著『戦争における日本一九四一~一九四五』 滝沢 一郎

通巻43号 第11巻 第3号
(1975年12月)

一九一八年締結の日華協同防敵軍事協定について 長嶺 秀雄
ソ連における日露戦争の推移 滝沢 一郎
仏国弧抜艦隊 後藤 均平
ドイツ占領地帯をめぐる米英の対立 木内 巌
近代兵学史の一視点 浅野 祐吾
旧陸海軍における戦史研究 近藤 新治
東洋軍事史入門の素描 阿南 惟敬
教科書にあらわれた軍事史の取扱について 村尾 次郎
武家社会と軍事 二木 謙一
(報告)ワシントンにおける国際軍事史学大会について 高井 三郎
(資料紹介)米国議会図書館蔵兵書(写本)目録 安井 久善
(書評)山岡貞次郎著『支那事変』 森松俊夫・斎藤五郎

通巻44号 第11巻 第4号
(1976年3月)

日独伊連合思想の萌芽と崩壊 野村 実
(資料)支那事変における陸軍中央部の苦悶 赤坂 幸春
元冦における史実と戦理 一冨 襄
武田信玄–その「西上作戦」考 佐々木 春隆
大正初期における陸軍の政党観–田中義一を中心として– 坂野 潤治
(書評)J・F・C・フラー著中村好寿訳『制限戦争指導論』 佐藤 徳太郎
毛沢東戦略思想の底流をさぐる 河野 収
(資料紹介)「ガリポリからガダルカナルへ」 桑田 悦
(紹介)米国軍事史学会短信 高井 三郎
(学界動向)昭和四十八・九年度軍事史研究の動向と主要文献目録–日本史関係– 佐藤和夫・杉山宏・藤江文忠・亀掛川博正・上原憲一

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.