第三十二巻(平成8〈1996〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第三十二巻(平成8〈1996〉年度)

通巻125号 第32巻 第1号
(1996年6月)

(巻頭言)[歴史家の立脚点」 筒井 充
<特集・幕末維新軍事史>
オランダ海軍ファビウス中佐の来日 土井 良三
辛未徴兵に関する一研究 浅川 道夫
戊辰戦争研究の成果と課題 亀掛川 博正
(研究ノート)旧名古屋県召集の東京鎮台兵に関する一考察 大山 宏
(書評)古川薫著『幕末長州藩の攘夷戦争–欧米連合艦隊の来襲– 亀掛川 博正
(書評)佐藤和夫著『海と水軍の日本史(上)』 杉山 宏
(書評)佐藤和夫著『海と水軍の日本史(下)』 福川 一徳
軍事史関係史料館探訪(11)[戊辰戦争関係博物館]

通巻126号 第32巻 第2号
(1996年9月)

(巻頭言)「軍事史の多国間研究」 永江 太郎
日本陸海軍の軍令継承・軍政代理の変遷と問題点 熊谷 光久
一八五〇年代英国の軍制改革–陸軍総司令官府の地位を中心に– 山本 崇人
(研究ノート)明治陸軍と田村怡与造 篠原 昌人
(戦史史話)駆け出し外交官の戦時下仏印体験記–昭和一八年九月~昭和二一年五月– 石川 良孝
(戦史史話)三国同盟の中のイタリア–ローマ大帝国の夢 破れる/独軍に救出されたムッソリーニ、パルチザンに銃殺される– 佐々木 凛一
(史料紹介)明治二十年頃の海軍の対清作戦計画 黒野 耐
(書評)Antony Best, Britain, Japan and Pearl Harbor: Avoiding War in East
Asia, 1936-41
石津 朋之
(書評)Robert S. McNamara, In Retrospect: The Tragedy and Lessons of Vietnam 喜田 邦彦
軍事史関係史料館探訪(12)[ノルマンディ記念館]

通巻127号 第32巻 第3号
(1996年12月)

(巻頭言)「戦争と女性」 三木 秀雄
(提言)「昭和大戦」という呼称の提案 藤村 道生
大山事件の一考察–第二次上海事変の導火線の真相と軍令部に与えた影響– 景山 好一郎
いわゆる竹橋事件の「余波」について 大島 朋子
(研究ノート)広島・長崎原爆に関する出版と極東国際軍事裁判 武市 銀治郎
(戦史史話)真珠湾攻撃の特殊潜航艇最後の訓練地を追って 橋田 庫欣
(戦史史話)終戦を導いたメディア 秋吉 美也子
(史料紹介)戦争裁判の裏面史をつづる『法務月報』 北 博昭
(書評)長島要一著『明治の外国武器商人–帝国海軍を増強したミュンター–』 亀掛川 博正
(書評)秋山駿著『信長』
軍事史関係史料館探訪(13)[外務省外交史料館]
<私家版情報コーナー(27)>

通巻128号 第32巻 第4号
(1997年3月)

(巻頭言)「最高の軍事史研究とは」 イアン・ニッシュ
<特集・ノモンハン事件>
ノモンハン事件再考 アルヴィン・D・クックス(高橋久志・立川京一訳)
航空作戦から見たノモンハン事件 下河邊 宏満
(研究ノート)ノモンハン事件における日・ソ両軍の戦闘–歩兵・戦車・砲兵の協同を中心に– 荒川 憲一
(戦史史話)戦闘機パイロットが語るノモンハン事件 瀧山 和(編集・渡邉 剛)
(戦史史話)満州国軍用無線電信所勤務時の回想–ノモンハン事件発生第一報を受信するまで– 中西 巌
(特集企画)ノモンハン慰霊行にて 渡邉 剛
(特集企画)ノモンハン事件関係文献目録 下河邊 宏満
(書評)比較史・比較歴史教育研究会編『黒船と日清戦争–歴史認識をめぐる対話–』 亀掛川 博正
(書評)イツハク・ラビン著(武田純子訳)『ラビン回想録』 喜田 邦彦
軍事史関係史料館探訪(14)[イスラエル国防軍戦車博物館]
<私家版情報コーナー(28)>

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.