第十七巻(昭和56〈1981〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第十七巻(昭和56〈1981〉年度)

通巻65号 第17巻 第1号
(1981年6月)

興亜院設置問題と宇垣一成 馬場 明
所謂皇道派の対外政策 山村 文人
兵語「会戦」の解の変遷 前原 透
日露戦争における情報と作戦(対談・上) 島貫重節・栂博
(研究ノート)日本海会戦における通信 吉田 昭彦
(研究資料)日露戦争資料の解題と目録(二) 田中 宏巳
米陸軍および空軍大学における戦史教育の現状 戦史教育研究会
(書評)松村正義著『日露戦争と金子堅太郎』 吉村 道男
(書評)W・J・ホルムズ著妹尾作太郎訳『太平洋暗号戦史』 野村 実
(書評)野村実著『歴史の中の日本海軍』 義井 博
中東戦争史入門講座–第三講 緒戦におけるエジプト軍の対空防御戦闘– 杉之尾 孝生
防大生が見た日露戦争(続)

通巻66号 第17巻 第2号
(1981年9月)

ビスマルクにおける政治と軍事 岡部 健彦
月曜会事件についての一考察 土居 秀夫
一八九一年歩兵操典の研究 遠藤 芳信
二~六世紀・安定・皇甫氏考 石田 徳行
日露戦争における情報と作戦(対談・下) 島貫重節・栂博
義和団事件と福島安正 島貫 重節
(研究資料)日露戦争資料の解題と目録 田中 宏巳
(研究資料)海軍大将竹下勇関係文書(上) 波多野 勝
(書評)黒羽清隆著『十五年戦争史序説』 近藤 真男
(書評)M・ハワード著奥村房夫・奥村大作訳『ヨーロッパ史と戦争』 赤木 完爾
中東戦争史入門講座–第四講 パーレヴ・ラインとスエズ運河– 杉之尾 孝生

通巻67号 第17巻 第3号
(1981年12月)

対米開戦史研究の諸段階 波多野 澄雄
「軍人の政治不干与」の一局面–皇族の文武兼職をめぐって– 大原 康夫
沼津兵学校および同附属小学校の設立をめぐって 羽場 俊秀
明治維新における徴兵制 熊谷 光久
旅順要塞の攻略はいつ、いかにして決定されたか 桑田 悦
海軍軍政地域の青年団活動(上) 太田 弘毅
(研究ノート)近代軍隊の歴史的生成とその発展 下田 耕士
(研究資料)海軍大将竹下勇関係文書(下) 波多野 勝
国際軍事史学会モンペリエ大会報告 野村 実
中東戦争史入門講座–第五講 エジプト軍のスエズ運河渡河作戦– 杉之尾 孝生

通巻68号 第17巻 第4号
(1982年3月)

奇襲予測の限界–情報と意思決定(上)– 戸部 良一
大戦間期における陸軍の国民動員政策 纐纈 厚
シベリア鉄道建設の歴史と意義(上) 木村 和夫
朝鮮半島分割経緯の再考 赤木 完爾
十九世紀中国における膨張主義と軍隊 村井 友秀
海軍軍政地域の青年団活動(下) 太田 弘毅
武士道–「葉隠」の観点から見た死生観と主従関係 W・スカイヤ
昭和の提督と重臣(対談) 栂博・桑田悦
(踏査史話)独仏国境を行く 安井 久善
中東戦争史入門講座–第六講 国家情報見積の失敗– 杉之尾 孝生

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.