第二十三巻(昭和62〈1987〉年度) | 機関誌『軍事史学』 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第二十三巻(昭和62〈1987〉年度)

通巻89号 第23巻 第1号
(1987年6月)

朝鮮戦争指導をめぐる毛沢東と彭徳懐の政治的確執 平松 茂雄
中国海軍について–劉華清の二論文(一九八四、一九八六年)についての分析– 太田 亮
対華二一ヵ条の要求と海軍 平間 洋一
武器輸出の系譜–第一次世界大戦期の武器輸出(下)– 茶川 哲士
(研究ノート)「勝算」の比較–日露戦争と日米戦争– 相澤 淳
(書評)須藤眞志著『日米開戦外交の研究』 波多野 澄雄

通巻90号 第23巻 第2号
(1987年9月)

(巻頭言)軍事史学の原点 近藤 新治
第二次世界大戦における独ソ単独講和問題 守屋 純
戊辰徴兵大隊 覚書 松島 秀太郎
幕末における伊勢神宮の防衛 原 剛
(研究ノート)ペリー提督の日本遠征について–目的とその背景– 熊谷 光久
(研究ノート)「陸軍パンフレット問題」について–生田論文への疑問– 清家 基良
(戦史史話)海戦に見る「過誤」 吉田 昭彦
(戦史史話)妹が調べた震洋特別攻撃隊員の死 秋吉 美也子
第十二回国際軍事史学会・第一回国際海事史学会(アテネ)印象記 義井 博

通巻91号 第23巻 第3号
(1988年1月)

(巻頭言)戦史の虚と実 小林 康夫
『関城書裏書』に関する一考察 安井 久善
「統帥権独立」理論の軍内での発展経過 前原 透
商館長ドンケル・クルチウスの研究 藤本 宗玲
(研究ノート)軍諸学校入学資格獲得をめぐる私学と官学との抗争 中村 文雄
(史料紹介)エリス事件–日本海軍はエリス少佐を毒殺したか– 平間 洋一
(書評)A・D・クックス著『ノモンハン事件–一九三九年における日ソの対決』 高橋 久志
(書評)小此木政夫・赤木完爾編『冷戦期の国際政治』 村井 友秀

通巻92号 第23巻 第4号
(1988年3月)

(巻頭言)軍事理論の貧困 野村 実
文久及び慶応の軍制改革–中央統一軍化をめざして– 原 剛
平安初期検非違使武力の一考察–衛門府との関連を中心に– 庄司 浩
マレーにおける「Q・S作戦」中止問題 中尾 裕次
武器輸出の系譜–第一次大戦期の武器輸出と帝国議会– 茶川 哲士
(研究ノート)第二次大戦におけるT字戦法 吉田 昭彦
(特別寄稿)リュシコフ保安委員の亡命–リュシコフの越境・スターリン大粛清・張鼓峰事件– A・D・クックス 小林康夫訳
(史料紹介)海軍大学校「陸海軍人気質ノ相違–主トシテ政治力ノ観察–」 桑田 悦
(提言)戦争変遷史の研究を提唱する 桑田 悦
<私家版情報コーナー(1)>

機関誌『軍事史学』

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

機関誌『軍事史学』

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.