第154回例会 | 活動報告 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第154回例会

  1. 日時:平成22年12月23日(木曜日:祭日)
    例会:15:00~17:00(2F白樺の間)
    懇親会:17:30~19:30(3F瑠璃の間)
  2. 場所 :「グランドヒル市ヶ谷」
  3. 講師:神津康雄氏(元海軍軍医中尉/第五八四設営隊軍医)
  4. ナビゲーター:平間洋一氏(元防衛大学校教授)
  5. 演題:「軍医の迎えた敗戦の日」

 講師の神津康雄氏は大正八年生まれ、昭和十九年東北帝国大学医学部卒業。戸塚海軍軍医学校を経て、終戦時は徳島の第五八四設営隊軍医長であった。講演は、神津氏の体験と、当時の死生観を中心とした回想となった。
戸塚海軍軍医学校(昭和十九年七月~十二月)では、軍人医学というよりも、いかに海軍士官らしく、恥ずかしくなく死ねるかという訓練を受けた。
卒業後第二河和海軍航空隊(昭和二十年一月~六月)に赴任した。この航空隊は特別攻撃隊であった。隊員二四名は全員特攻を志願した者、死ぬための隊員であった。死ぬこと以外考えていないとてもいい男達であり、今思い返しても、九十一年生きてきた中で最良の友人達であったといえる。
最後に赴任したのは徳島の第五八四設営隊であった。終戦直前、いざという時に備え、設営隊員自決用の青酸カリを用意するよう命令を受け、苦心して入手したが使用せずにすみ良かった。
また、定例研究会終了後の17:30からは瑠璃の間に於いて多くの会員が参加し和やかな雰囲気の中、懇親会が行なわれた。

活動報告

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

活動報告

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.