軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第98回関西支部例会

第98回関西支部定例研究会

1.期日:平成25年7月13日(土) 14:00~17:00
2.場所:名城大学名駅サテライト(MSAT)
3.講師:成田富夫(会員)
宮杉浩泰(明治大学客員研究員)
4.演題:(成田氏)「ディロンの第一次ロシア革命についての見方」
:(宮杉氏)「独ソ開戦以後の日本の対ソ情報活動と戦中期対ソ認識」

この日の前半は、アイルランド出身のジャーナリストE.J.ディロンの第一次ロシア革命に関する見解が詳細に報告された。自由主義的ジャーナリストである彼は、議会主義的な穏健な方向に革命が進行することを期待するが、事態は、彼の期待とはうらはらに、極端な階級主義の方向に進んでいったことが説明された。
後半は、日本の対ソ情報解読のための、ドイツとの協力とその成果についての研究発表であった。アメリカが解読した日本の陸軍の情報のコピー、ソ連の暗号解読の成果を示す史料が配布された。また報告はそれにとどまらず、第二次世界大戦終わりまで、日本の政策決定者が、ロシアの仲介に期待を寄せ続けた原因の考察がおこなわれ、その中で、ソ連が流す欺瞞情報の痕跡が残る史料も提示され、大変興味深かった。

 

活動報告

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

活動報告

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.