第80回関西支部例会 | 活動報告 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第80回関西支部例会

第80回関西支部定例研究会

  1. 期日:平成21年1月24日(土) 14:00~17:00
  2. 場所:名城大学天白キャンパス付属図書館1階視聴覚室
  3. 講師:松下佐知子(呉市海事歴史科学館学芸員)
    浅野豊美(中京大学国際教養学部教授)
  4. 演題:(松下氏)「明治期における対外戦争経験と国際法解釈-有賀長雄を中心に?」
    :(浅野氏)「浅野豊美著『帝国日本の植民地法制-法域統合と帝国秩序』名古屋大学出版会、2008年の意義と展望(書評会)」

雪が降り積む悪天候の中、15名の参加者が集まりました。
先に報告した松下佐知子氏は、有賀長雄の明治期の国際法に関係する著作を読み解き、日本が「文明国」となっていく中でどんな問題を抱えていたのかを考察しました。有賀は、日本が非キリスト教国であるというハンディを背負っていて、それを克服するために日本にも「仁愛主義」があると主張しました。報告では、有賀のテキストの中で「仁愛主義」がいかに展開していったかの考察が行われました。
後半は、浅野豊美氏が最近出版した、戦前の植民地法制に関する『帝国日本の植民地法制-法域統合と帝国秩序』の書評会が行われました。植民地を日本に組み込む中で、日本の法制度に馴染まない属人法が作られ、それがどのように展開し、解消されたのかについて、浅野氏から一般的な報告がありました。それから、秋田茂氏(大阪大学)がこの大著をいかに読むのかという補足報告がありました。
報告後参加者から熱のこもった質問が行われ、進行担当者は時間配分に苦慮するほどでした。

活動報告

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

活動報告

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.