第114回関西支部例会 | 活動報告 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第114回関西支部例会

講師     広中一成氏(愛知大学国際コミュニケーション学部非常勤講師)
演題     「戦場から見た第二次長沙作戦―名古屋第三師団を中心に―」
日時     平成30年4月21日(土) 14:00~16:00
場所     大阪学院大学

1941年12月末におこなわれた第二次長沙作戦について報告がおこなわれた。この作戦は、日本軍の香港攻略のための陽動作戦であり、2週間余りに及ぶ戦闘で約6000人の死傷者を出した。なぜこれほどの損害が出たのか。作戦を指揮した阿南惟幾第十一軍司令官は、1938年1月、第109師団長として指揮した殲滅戦の成功のため、自己の能力の過信、中国軍を軽視するきらいがあった。第二次長沙作戦では、第三師団が本来の命令になかった長沙占領を具申する。阿南はこれを許すが、戦況を十分に分析しなかったようだ。そして第三師団は、中国軍により包囲され撃退された。

活動報告

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

活動報告

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.