第111回関西支部例会 | 活動報告 | 軍事史学会
軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第111回関西支部例会

第111回関西支部定例研究会

1.期日: 平成29年7月15日(土) 14:00~17:00
2.場所: 名城大学ナゴヤドーム前キャンパス
レセプションホール(西館2階DW207)
3.講師: 堅田義明(名城大学外国語学部教授)
河合利修(日本大学法学部教授)
4.演題: (堅田氏)「太平洋側の米国海軍基地開発:第二次大戦前の日米関係から」
(河合氏)「第二次世界大戦後の赤十字による引揚援護事業」
堅田報告では、太平洋側の米海軍基地開発について、1910年代の実情が報告された。さらに、米国指導者の中において、太平洋に対する関心が高くなかったことが示された。河合報告では、第二次世界大戦後における、共産圏諸国からの残留邦人引揚援護事業を担うことになった赤十字の活動が詳細に報告された。今回は、名城大学の新キャンパスにおける初めての例会であった。新鮮な雰囲気の中、充実した報告と議論がおこなわれた。
 

活動報告

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

活動報告

PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.