軍事史学会ホームページは学会会員に対して、学会活動の迅速な周知などの便宜をはかることを目的としています。

第119回関西支部例会

講師     道迫 真吾 氏(萩博物館総括学芸員)
演題       「幕末長州藩の軍事技術史観点からの再検討―大砲鋳造技術を中心に―」
日時     令和元年2月8日(土) 14:00~1:00
場所     大阪学院大学

 19世紀半ば以降、海防強化が叫ばれたとき、長州藩が軍事技術的にいかに対応したかが報告された。まず、1840年代以降、長州藩は、長崎における情報をもとに在来技術のたたらを利用して、大小の青銅砲を鋳造した。その後1856年、佐賀藩を参考にして反射炉による鉄製大砲鋳造を試みた。しかしながら試行錯誤の段階で終わり、青銅砲鋳造に逆戻りをした。ただし、その後、製鉄場が設置され、洋式高炉についてはある程度の成功を収めた。以上のプロセスが多数のスライドともに丁寧に説明され、充実した討議に結びついた。

活動報告

軍事史学会事務局 TEL 03-5261-2891 受付時間 9:00~17:00 [土・日・祝日除く]

活動報告

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 軍事史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.